2012年03月12日

2月消費者態度指数、3カ月ぶり低下=消費動向調査

[東京 12日 ロイター] 内閣府が12日に発表した2月消費動向調査によると、消費者態度指数(一般世帯)は、前月から0.5ポイント低下の39.5となった。3カ月ぶりに低下した。前年比は1.7ポイント低下となった。内訳項目のうち、「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」が低下、「耐久消費財の買い時判断」は横ばいだった。1年後の物価見通しについては、「上昇する」との回答が0.3ポイント増加したのに対し、「低下する」「変わらない」は減少した。【関連記事】 一致指数低下は12月の反動、2月に判断上方修正も=1月景気動向指数 1月消費者態度指数は2カ月連続で上昇、震災前水準に戻らず 12月の消費者態度指数、前月比0.8ポイント上昇=消費動向調査 12月消費者態度指数は前月比+0.8ポイント、暮らし向き・雇用環境など改善=消費動向調査 11月消費者態度指数は7カ月ぶり低下、震災前水準に戻らず悪化

2月消費者態度指数、3カ月ぶり低下=消費動向調査
セカンドショップ
高級品から雑貨までいろいろ紹介しています

>>人気のブログをチェック
posted by proceed at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。