2010年07月03日

種子島宇宙センター塩害深刻、壁に穴・配管サビ

 日本の主力ロケット「H2A」の打ち上げ拠点である宇宙航空研究開発機構の「種子島宇宙センター」(鹿児島県南種子町)で、設備の深刻な老朽化が進んでいる。 毎年約10億円をかけて補修しているが、海に面した施設は、塩害で急速に腐食し、対策が追いつかない。H2Aの打ち上げは、2007年に民間移管され、本格的な商業衛星、安全保障用の情報収集衛星などの打ち上げが控えており、施設の老朽化は、わが国の宇宙開発を足元から揺るがしている。 01年に登場したH2A以前は、新技術開発に重点が置かれ、10回足らずの打ち上げで新ロケットと交代された。そのため施設も大幅に改修された。さらに打ち上げる衛星も大半が国の技術衛星で、打ち上げに遅れが生じても影響は少なく、施設の老朽化問題は深刻化していなかった。 宇宙機構やH2Aの製造・打ち上げを担当する三菱重工業によると、最も深刻なのは、ロケット組み立て棟(高さ約80メートル。延べ床面積約4600平方メートル)。さびついて壁に穴があき、雨水や海水が屋内に入り込む。ロケットの電気部品は水に弱いため、点検に時間を取られ、部品交換が必要になることもあるという。穴から鳥やネズミが侵入し、配線をかじる被害も起きているという。巨大な建物のため穴を特定することも難しい。 発射台でも、H2Aに燃料や高圧ガスを送る配管に穴があき、時々ガス漏れが発生。配管を開閉する弁の矢印がさびで見えなくなり、昨年3月には、作業員が弁を逆に回し、試験が6日間延期された。発射台の点検塔のさびがはがれて落下し、ロケットを直撃することもあった。 H2Aは、これまで17回打ち上げられ、最近11回は連続成功し、今後20年間は使うことになっている。来年度には、海外から初の受注となる韓国の衛星の打ち上げも予定されている。 三菱重工技監・技師長の前村孝志さんは「技術者が毎日点検するなど人海戦術でしのいでいる。安定した打ち上げには、ロケットだけではなく、施設も良い状態であることが必要」と話している。 ◆種子島宇宙センター=鹿児島県種子島にある日本最大のロケット打ち上げ施設。総面積約970万平方メートル。1969年に開設され、人工衛星打ち上げの中心的役割を担ってきた。青い海岸に面し、「世界一美しいロケット打ち上げ施設」とも言われる。2007年4月以降、打ち上げは宇宙航空研究開発機構から三菱重工業に移管された。

種子島宇宙センター塩害深刻、壁に穴・配管サビ
stylesheet
...
おすすめサイト
フラダンス衣装 Tシャツ ブラウン M 537mbr - フラダンスの ...
ログイン - Yahoo! JAPAN - ヘルプ. フラダンスのはなし. 最近、流行のフラダンスについての情報を提供していきます。 フラダンスの衣装や曲などハワイの風を感じてみてください。 2010年1月13日(水) フラダンス衣装 Tシャツ ブラウン ...

>>人気のブログをチェック
posted by proceed at 16:01 | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント

もう3ヶ月くらい、毎日S E Xしまくってる件wwwww
先月もヤりまくってたら、50万も稼いじまった!!笑

・・・オレこの間まで無 職 童 帝だったんだけどな(^^;)
ぶっちゃけここで稼げない男なんていないっしょwwwww
http://igrggesk.uto.sirusiru.net/
Posted by さよなら借金生活wwww at 2010年07月04日 03:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

どうせニオイフェチですよ(
Excerpt: パクっした時より、舌で先っちょの皮ニュルってしたときが一番ヤバいね!!! 口の中いっぱいに、臭くてえっちぃニオイが広がって、もうウマウマ(*´▽`*) って言ったら変態娘って言われたょぉ(
Weblog: ゆりり
Tracked: 2010-07-04 02:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。